ビットコイン支える技術「ブロックチェーン」とは何なのか?

ビットコインには、銀行その他の金融機関のように取引台帳の管理者が置かれていない。代わりに、「ブロックチェーン」という技術によって取引台帳が管理されている。ここでは、ブロックチェーンについて説明したいと思う。

■金融機関で行われている従来の取引方法
まずは、これまで銀行や証券会社で行われてきた取引方法について紹介する。従来は、中央管理者が存在し、取引台帳を管理してきた。そして、利用者は中央管理者を信頼して取引を行う為、取引相手の信頼性を考慮する必要はない。

一方で、中央管理者は利用者が信頼できるシステムその他のサービスを提供しなければならない為、そのコストを手数料として利用者に課している。

■ブロックチェーンの取引方法
従来の取引方法では中央管理者によって取引台帳が管理されていたが、ブロックチェーンでは参加者全員で取引台帳を管理する。

■ブロックチェーンの仕組み
ブロックチェーンは複数の処理(トランザクション)をブロックとしてまとめ、ブロック単位で整合性をチェックする。チェック済みのブロックは直列につなげていき、新しくつなぐブロックには直前のブロックのハッシュ値を持たせる。

ネットワークは誰でもいつでも参加可能なP2P(Peer to Peer)が前提となっている。取引が発生した場合は当事者がその情報を全参加者に伝え(同報送信)、受信者は自分の取引台帳にその情報を反映させる。
※P2P→ネットワークモデルの1つで、ネットワーク上のコンピュータ同士が1対1の関係で通信を行う。クライアント・サーバモデルの対比として用いられることが多い。

ここで、参加者の信用はどのように担保するのか疑問に思った方もいるだろう。皆が善良な利用者であることが理想だが、実際は不正を働く者もいる。

ブロックチェーンではこのような事態を想定して、分散管理している取引台帳について「Proof of Work」という台帳の正当性の証明を行う。これにより、ブロックチェーンの改ざんが極めて困難になるのだ。

上記より、ブロックチェーンの特徴として、

・全てのノード(PC)がダウンしない限り運営の継続が可能
・全ての取引情報が台帳に記録される
・台帳のデータ改ざんが困難

が挙げられる。

従来はデータの改ざん防止や可用性の高いシステムの実現の為に膨大なコストが発生していたが、ブロックチェーンの登場によって大幅なコストダウンが可能になった。これまでの常識を覆すプロックチェーンの技術は、現在多くの企業や団体によって研究が進められている。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 【週間FX相場予想レポート】トランプ政権に振り回される期間が続く相場展開(2017/01/30~)

    1月30日~2月3日週のドル/円相場は、レンジ相場からの買。112円―118円の間で推移するでしょう…
  2. 【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/03/06~】どこまで続く、アメリカフィーバー!株式が過去最高値を更新!?

    こんにちわ、先週は南の島バリ島でバカンスしてきました。 あなたが海外に旅行して感じた事、気づいた事…
  3. 日本のFX自動売買ソフトが抱える5つの問題点

    今日は世界と日本の自動売買(アルゴリズムトレード)の本質的な違いについて見ていきたいと思います。 …

人気の記事

  1. 株式取引やFX(為替証拠金取引)でも言えることだが、ビットコインもできるだけ有利に取引したいものだ。…
  2. 必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. あなたは、今のドル円レートを見て、このレートが「割安」なのか「割高」なのかわかりますか? もっ…
ページ上部へ戻る