あっ!と驚くFXの相場分析の方法とは?

analytics-forex

こんばんは、Mr.Fです。

先日、あるニュース番組で、トランプ大統領が誕生してから「予想外の値動きで損失出してしまった」という投資家が特集されていました。
私は、トレンドに乗れば想定の範囲内で資産運用出来ると考えているのですが、あなたはどうでしょうか。

さて、今回はFXにおける「あっ!と驚く相場の分析方法」の紹介です。

あなたは、相場の分析方法を大きく2つに分ける事が出来るのを知っていますか?一つ目は、値動きを視覚化したチャートを使ったテクニカル分析。二つ目は、経済の状況、経済指標から読み解くファンダメンタルズ分析。そして、それらを複合させたテクノ・ファンダメンタルズ分析です。テクニカル分析は視覚化できる一方で、突発的な値動きに対応できない面があります。ファンダメンタルズ(経済情報)は、視覚化出来ないので、勝利の論理を立てるのが難しいと言われています。これら分析をもっと簡単に読み解いていくと、縦軸をテクニカル、横軸をファンダメンタルズと考えると分かり易いと思います。

まず縦軸の変動は「価格」横軸の変動は「時間」です。先週のドル円相場のレート110円と今の110円が違う論理です。時間によって同じ価格でも状況が変わると認識するのが賢い判断です。ここまでは、書店に置いてあるFXの教科書にも載っていると思います。では、ここからが大事です。一番重要なポイント!先週と今週の違いをさらに枠や時間軸に変えて縮小して見て下さい。週の違いは→週足。日にちの違いは→日足。時間の違いは→時間足。分の違いは→分足。

あれ?何か見落としていませんか?はい、そうです。「枠の違い」です。これ、多くの投資家が見落としています。枠とは市場の事です。

FXは世界中で取引されていて24時間動いているので、常にどこかの市場で取引されています。日本時間夕方だったらロンドン、夜だったらニューヨークといった感じです。書店に置いてある本は、ロンドン市場から値動きが大きくなって、ニューヨーク市場では値動きが活発になる程度しか書かれていません。市場間分析に触れていないのです!

この市場間分析を習得すると、ドル円である市場で○○のパターンを形成すると20pipsを稼げたり、90%以上の確率で上昇トレンドに発生します。20pipsを金額に換算すると、10万通貨でエントリーすれば2万円。100万通貨であれば、20万円です。わずか数分でこの金額なので、抜群の費用対効果と言えます。パターンを発見するには、先ず市場分析です。皆さんは、何時ごろにどの市場が始まって、終わるのかご存知ですか。

下記にまとめたので、参考にして下さい。

■ウェリントン5:00-13:00
■シドニー8:00-15:00
■東京市場9:00-15:00
■仲値9:55
■上海市場10:30-16:00
■バーレーン市場14:00-22:00
■東京オプションカット15:00
■パリ15:00-23:30
■ロンドン市場16:00-24:30
■ニューヨーク市場22:30-5:00
■ニューヨークオプションカット23:00
■ロンドンFIX24:00

数多くある市場から特に重要な市場は東京、上海、ロンドン、ニューヨーク市場です。次に、市場毎のチャートパターンと価格の範囲に注目していくのです。これらにあるポイントに注目してテクニカルツールを組み合わせれば、ロジック完成です。誰でも楽に20万円を稼ぐ事が出来ます。

何回も繰り返しエントリーするよりも、90%以上で勝てる、あるパターンを身に着ける事も大事なのです。それは、色々な視点から分析して、テクニカルの数字を少しいじっただけでは、なかなか見つけられないモノです。私のお客さんに自動車関係で為替を担当している方がいるのですが、この話を担当者とした時、目から鱗だと言って感動してしてくれたのを鮮明に覚えています。アイディアや提案、FXには投資のカテゴリーでもレバレッジがあるので皆さん力の入れ方とお金を儲けたい、リスクを減らしたいという事を真剣に考えている方がほとんどです。そういった真剣な方たちにアドバイスをして、お客さんや担当の方が上手くいくと、自分の存在価値や、やりがいを感じます。今後はこういった特殊な分析方法も合わせて伝えていきたい思います。

謎の覆面FXトレーダー

投稿者プロフィール

FXを始めた当初はスワップ金利を狙った取引を行い、運よく利益をどんどん増やしていったが、あまりに簡単に勝つ結果を見て調子に乗ってしまい、次第に取引金額を大きくしていった結果、取り返しの付かないほど大きな損失を抱えることに。

それからは、損失を取り戻そうと365日パソコンの前に10時間座って死に物狂いでFXを勉強し、今では投資系の番組で、今後のFX投資における戦略や市場の動向などについて取材を受けるほどFXを知り尽くし、FXのプロトレーダーとして各方面で活躍中。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. aud-report20170724

    【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/07/24】FX市場の現在のテーマとは?

    こんにちわ、先週は豪ドル円が89.30円まで上昇して、その後豪州の副総裁の発言がきっかけで大きく切り…
  2. margin-simulator

    必要証拠金とその計算方法(証拠金計算シミュレーター)

    必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. aud-report20170731

    【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/07/31】トランプ相場に異変?オバマケア否決で暗雲立ち込める。

    こんにちわ 先週は、北朝鮮のミサイルやIMFの要人発言で、上昇ムードが一転して下落して終える事にな…

人気の記事

  1. high-and-low
    株式取引やFX(為替証拠金取引)でも言えることだが、ビットコインもできるだけ有利に取引したいものだ。…
  2. margin-simulator
    必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. forex-rate1
    あなたは、今のドル円レートを見て、このレートが「割安」なのか「割高」なのかわかりますか? もっ…
ページ上部へ戻る