【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/03/06~】どこまで続く、アメリカフィーバー!株式が過去最高値を更新!?

こんにちわ、先週は南の島バリ島でバカンスしてきました。
あなたが海外に旅行して感じた事、気づいた事はありますか?
私は、「物価」です。

2017-03-06_12h16_00

南国のバリ島は物価がとても安いんだろうな、と思って出発したのですが、実際は少し違いました。具体的には、観光客向けのホテルや施設、レストランは日本などの価格と大差はないのです。バリにはウォーターボムバリというマリンアトラクションがあるのですが、値段は8000円前後。バリの平均月収が3万円から5万円なので、現地の人で遊びに来る人はいません。思い込みや推測は危険ですね。それは、FX相場についても同じことが言えると思います。資産を思い込みや推測で運用する事はとても危険なのです。そこで、テクニカル分析が役に立ってきます。この分析は客観的に見る事が出来ます。言い換えれば、予想から予測へ、なのです。これからの記事で、プロの「予測の方法」を学んでいきましょう。

ところで、アメリカの株式が過去最高値を更新しています。以前から伝えているように、日本のネガティブ要因VSアメリカのポジティブな減税要因です。大きな流れは簡単には止まらないので、今が高いか安いかの分析とモメンタムも考えて資産運用するといいのではないでしょうか。モメンタムとは、相場の勢いの事です。勢いの終わりが見えれば相場の終焉も見えてきます。モメンタム分析の方法もじっくり説明していくので、どうぞ期待して頂ければと思います。

豪ドル円相場

先週の相場は上昇した分を吐き出した、いわゆる行って来い相場になりました。今週の、この相場の分岐点は86.50円に位置しています。現状は、それ以下で価格推移しているので、何かのきっかけでさらなる下落も考えられます。賢いトレーダーは夕方以降の欧州勢が動いてくる時間帯から値動きを狙ってみて下さい。86.50円のプラスマイナス30銭でトレンド判断完了とすると夕方以降に86.20円にタッチすると下落トレンドで戻り売り。上昇のシナリオは86.80円にタッチしたら押し目買いスタンスです。

2017-03-06_11h51_55

GMMA分析をするとトレンド分岐点の価格が密集している状態なので、細かく利食い、損切を設定すると売買の回転も速くなるでしょう。

2017-03-06_11h52_32

それでは、今週も資産形成していきましょう。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 【週間FX相場予想レポート】ついに1ドル=116円突破!年内最後の大イベントFOMCにも注目!(2016/12/12~)

    12月12-17日週の米ドル/円は、買トレンドを維持するでしょう。 月足から順を追って相場を振…
  2. 【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/201704/03~】本を読むより10倍簡単!FXの理論!

    こんにちわ!先週は、コーヒーが飲みたくなり東京都内のコーヒーショップ兼本屋に行きました。そこでは、色…
  3. 【ドル箱戦略レポート(豪ドル円/2017/06/26)】割高、割安を判断する投資家の必須ツール!

    こんにちわ 先週は、ドル円や豪ドル円の週間値幅が年間で最低を記録した週でした。これをどう見るか…

人気の記事

  1. 株式取引やFX(為替証拠金取引)でも言えることだが、ビットコインもできるだけ有利に取引したいものだ。…
  2. 必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. あなたは、今のドル円レートを見て、このレートが「割安」なのか「割高」なのかわかりますか? もっ…
ページ上部へ戻る