【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)|2017/03/13~】FX最大の注目イベントの真の値動きとは?

こんにちわ、週末はいかがお過ごしでしょうか。

金曜日はFXの注目イベント、アメリカ雇用統計がありました。結果は良好で金利の引き上げ要因になっています。以前から伝えている、日本のネガティブ要因VSアメリカのポジティブ要因で、豪ドル円相場は膠着が続いています。

日本のネガティブ要因とは、東芝ショックです。現在は、東芝出資のアメリカ子会社に注目が集まっていて損失のの問題を巡って、チャプター11を発動するか検討中のようです。チャプター11の発動とは破産の一歩手前と捉えて下さい。ポジティブ要因は、トランプ政権の減税案や景気対策の事です。引き続き、これらの情報で相場お変動要因になっています。

さて、金曜日の雇用統計なのですが、結果良好なのに何故ドル円が上昇しないのか?!といった声が聞こえてくるかもしれません。始めたばかりの投資家にアドバイスなのですが、FXには指標の数字の良し悪しだけで値動きが素直についていくとは限りません。

今回を例にとって見ましょう。

22:30にアメリカの雇用統計発表がありました。しかし値動きは下落。
これは、想定内の数字でサプライズが無かった場合に起こり、そして次の新しい材料待ちになります。次の材料はアメリカ株式や日経平均先物の動向になります。この流れを見ると、投資に答えを見つけるのが難しいですよね。次から次へと出てくる材料に右往左往してしまって、頭を悩ましている投資家は多いかと思います。
投資家は、それらに悩まない為にテクニカル分析やトレードルール構築が必須なのです。
この記事を読みながらじっくりと、あなたのトレードスキルを磨いて行きましょう。

それでは今週の豪ドル円相場分析です。

この相場を極める為には幾つかの重要な価格帯を見抜く事が必要になってきます。先ず、トレンド分岐点は86.60円に位置しています。
それよりも価格が下で推移していれば売りモード。反対も然りです。

2017-03-11_17h20_27

続いて、注意する価格は86.10円になっており、
これより下の価格推移は強い下落のシグナルになっていて、買いの投資家は強い警戒が必要です。
この価格の意味する所は一目均衡表の雲の下限に位置していて買いスタンスの投資家の最後の砦ともいえるポイントです。

2017-03-11_17h27_14

 

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. オプション取引はハイリスク?真実は資金管理術の王道だ

    某ブログ等で以下のようなコメントを見たことがある。 「オプション取引は極めて高リスクな金融商品…
  2. 【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/05/15】FXで初心者でも利益を積み上げる方法とは!?

    こんにちわ!日本を代表する企業、東芝の巨額損失ショックも市場ではテーマが薄くなってきました。薄くなっ…
  3. 【週間FX相場予想レポート】トランプ大統領に市場は失望、ドル安に拍車か・・・(2017/01/23~)

    1月23-27日週のドル/円相場は、先週に引き続いて売。ただし、買トレンドへの転換には常に注意が必要…

人気の記事

  1. 株式取引やFX(為替証拠金取引)でも言えることだが、ビットコインもできるだけ有利に取引したいものだ。…
  2. 必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. あなたは、今のドル円レートを見て、このレートが「割安」なのか「割高」なのかわかりますか? もっ…
ページ上部へ戻る