【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/04/10~】相場に黄色信号?アメリカのネガティブ要因とは?

aud-report-20140410

こんにちわ、週末は桜が満開でしたね。
目黒川の桜を見に行ったのですが、かなり混雑していて車はおろかバイク、自転車も通れないほどでした。

さて、ここからはマーケットの話です。
先週の相場のポイントは、週半ばのアメリカ議事録にありました。
その議事録の内容とは、「株式相場は割高」という内容でした。では、FRB(アメリカの中央銀行)のメンバーは、一体何を基準に割高、割安と言っているのでしょうか?そして、幾つかの視点で考えてみましょう。
先ず、テクニカル分析です。アメリカの株式市場は21000ドルと史上最高値を形成しています。ボリンジャーバンドで見るとバンド上部に位置しているので上昇中と捉える事が出来ます。しかし、相場に流れが出来ると価格が行き過ぎる事は良くある事なのです。大きな流れを止めるにも急停止は出来ませんよね?慣性の法則と同じことなのです。次にファンダメンタルズ分析です。先週の金曜日にFXで大きな値動きを伴うイベント、アメリカ雇用統計がありました。その指標の雇用部門を見ると、プラスではあるものの、ここ数か月での伸び率は鈍化していました。これはネガティブ要因になりますよね。大事な事はファンダメンタルズを見る時も、数字のプラスマイナスや伸び率を過去のデータと比較する事が大事になってきます。このようにファンダメンタルズは色々な視点から考える、という柔軟性を持って相場に臨むのはいかがでしょうか。

 

今週の豪ドル円の戦略

この相場の分岐点は83.41円に位置しています。価格がこれより上で推移していれば上昇モード。反対は然り。

2017-04-10_14h13_20

 

画像にある一目均衡表で分析すると83.15円辺りまで買いのサポートが広がっていますが、雲の層が薄いので抜ける可能性が高いです。続いて、GMMAで見ると83.41円より上を維持していると短期的に買いモードになる可能性も視野に行動しましょう。ここ数週間は一日の流れが決まると150pipsから300pipsは動きが出るので最初の初動さえ掴んで、しっかり利食いをしていけば上手く回転して売買出きると思います。

2017-04-10_14h10_09

謎の覆面FXトレーダー

投稿者プロフィール

FXを始めた当初はスワップ金利を狙った取引を行い、運よく利益をどんどん増やしていったが、あまりに簡単に勝つ結果を見て調子に乗ってしまい、次第に取引金額を大きくしていった結果、取り返しの付かないほど大きな損失を抱えることに。

それからは、損失を取り戻そうと365日パソコンの前に10時間座って死に物狂いでFXを勉強し、今では投資系の番組で、今後のFX投資における戦略や市場の動向などについて取材を受けるほどFXを知り尽くし、FXのプロトレーダーとして各方面で活躍中。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. management-225money

    オプション取引はハイリスク?真実は資金管理術の王道だ

    某ブログ等で以下のようなコメントを見たことがある。 「オプション取引は極めて高リスクな金融商品…
  2. report-20170116

    【週間FX相場予想レポート】20日のトランプ大統領の就任を控え、動きは限定的か(2017/01/16~)

    1月16-21日週の米ドル/円相場は、売。ただし買への転換には常に注意しましょう。 月足チャー…
  3. aud-report20170612

    【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/06/12】FXで資産運用するなら変動要因を抑えよう!

    こんにちわ!突然ですが、もし臨時収入が入って資産運用するなら何に投資しますか?今、話題のビットコイン…

人気の記事

  1. high-and-low
    株式取引やFX(為替証拠金取引)でも言えることだが、ビットコインもできるだけ有利に取引したいものだ。…
  2. margin-simulator
    必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. forex-rate1
    あなたは、今のドル円レートを見て、このレートが「割安」なのか「割高」なのかわかりますか? もっ…
ページ上部へ戻る