【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/05/01~】テュッシュやバターが値上げ!それに備える方法とは?

こんにちわ、5月が始まって電気やガスが最初に値上げして、その後はテュッシュやバターといった生活用品も値上げするようです。値上げラッシュはライフスタイルに影響があるので、どこかで収入減を増やしたいですよね。
金融用語でいうと生活用品などモノの上昇をインフレと呼びます。反対がデフレです。そして、これはあまり馴染みが無い言葉かもしれませんが、両立している状態を「スタグフレーション」と呼びます。
賃金が上昇しないのにも関わらず、モノの価値が上昇、そしてアメリカの株価も2017年4月28日に過去最高値を更新、と格差が開く一方です。
あなたなら、この苦境をどうやって切り開きますか?

私が提案するのは、誰でも少額から始める事が出来る投資、FXです。毎日のランチを豪華にしたい!ワンランク上のワインやお酒を飲みたい、何時だってそういったハングリー精神がお金を稼ぐという気持ちのスタートになると思います。私の週間分析の記事は、ライフスタイルの向上と資産運用のサポートになるはずなので、上昇局面なのか下落局面なのか、だけでも良いので、ぜひ活かして欲しいと思っています。

それでは、今週の豪ドル円分析です。

15分足一目均衡表は三役好転で買いを示唆。遅行スパンは陽転して、買いを示唆。週間トレンド分岐点は83.45円に位置しています。しかし、現状は相場に高値で一服感が出ているので、売りエントリーが望ましいでしょう。

2017-05-01_15h50_46次に、実際のエントリーのイメージは83.78円辺りで売りから入るとして、損切と利食いを上下にプラスマイナス30pipsに設定するのも一つの売りの戦略と思います。日本時間の上昇は、ゴトウビという特殊需給で上昇しがちですが、過去のデータから勢いが次第に弱まる傾向にあります。そしてテクニカル的にはボリンジャーバンドの上に位置して過熱気味です。現在の価格からマイナス30pipsとなれば、丁度トレンド分岐点と重なって来るのもポイントです

2017-05-01_15h50_26今回は、トレードの具体的なイメージを事前に載せましたが、この記事を読んでいけば、これらの考え方も身についてきます。5月も始まったばかりですが、今後ともよろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 必要証拠金とその計算方法(証拠金計算シミュレーター)

    必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  2. 【ドル箱戦略レポート(豪ドル円/2017/07/03】FXで勝つ為の絶対条件とは?

    こんばんは!2週間前から続いた、ドル円のエネルギーは上方向に放たれました。FXで生き残るためには、今…
  3. 【週間FX相場予想レポート】クリスマス休暇を控え各通貨ペアはポジション調整か(2016/12/19~)

    12月19-23日週の米ドル/円は、方向感が出にくいでしょう。局所的に価格を下げることがあっても、ト…

人気の記事

  1. 株式取引やFX(為替証拠金取引)でも言えることだが、ビットコインもできるだけ有利に取引したいものだ。…
  2. 必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. あなたは、今のドル円レートを見て、このレートが「割安」なのか「割高」なのかわかりますか? もっ…
ページ上部へ戻る