【ドル箱戦略レポート(豪ドル円/2017/06/26)】割高、割安を判断する投資家の必須ツール!

こんにちわ

先週は、ドル円や豪ドル円の週間値幅が年間で最低を記録した週でした。これをどう見るかは投資家によって様々ですが、大きな変動に向けてエネルギーは貯まっていると見た方がよさそうです。

さて、あなたは、投資先が割安か割高か判断する基準は何ですか?FXではこの割安の時にエントリーして押し目買いをするのが、成功の近道となっています。言い換えればトレンドフォローです。エントリーに使うツールといえばボリンジャーバンドどいうものがあります。これは移動平均線と上下に2本の線で構成されているテクニカルツールと呼ばれるものです。基本設定はプラスマイナス2シグマになっていて、単位はシグマというものです。具体的な使い方は、上昇トレンドの場合は、マイナス2シグマで押し目買い。売りの時代ではプラス2シグマで売りといったシンプルなテクニックが有効です。このブログで、時代の判断について学びたい、エントリーを見極めたいという気持ちがあれば、私に申して下さい。悩んでいる方や頑張る方は、いつでも連絡ください。きっと解決できるアドバイスをさせていただきます。

それでは、今週の豪ドル円分析です。

この相場の週間分岐点は84.23円に位置しています。これより価格が上で推移していれば買いの時代。反対は然り。今週の豪ドル円はポイントは2つです。1つめは、年間の変動幅で最低を記録したこと。2つめは先週の分岐点が84.48円の価格です。84.23円と84.48円の小さな範囲でエネルギーを貯めて、大きな変動に繋がりそうです。もしアレンジするとすれば、戦略としては84.48円から25pips上の84.73円以上は買いの時代、83.98円以下は売りの時代のスタンスも良いと思います。

ボリンジャーバンド分析ではバンドの上部に張り付いたバンドウォークをしています上値のめどは84.48円です。

2017-06-26_12h26_33

 

一目均衡表分析では、三役好転して遅行スパンが陽転して買いの時代を示しています。GMMA分析ではゴールデンクロスを形成して上昇を示唆しています。

2017-06-26_12h26_28

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 日本のFX自動売買ソフトが抱える5つの問題点

    今日は世界と日本の自動売買(アルゴリズムトレード)の本質的な違いについて見ていきたいと思います。 …
  2. 【週間FX相場予想レポート】トランプ大統領の大胆な減税政策に市場は期待か(2017/02/20~)

    2月20日-24日週の米ドル/円は、レンジ相場と読みます。 月足から順にチャートを見ていきます…
  3. 【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/06/05】FXを始める前にセル・ザ・ファクトを知ろう!

    こんにちわ!最近は暖かい天気が続いて心地よいですね。為替相場も暖かい日々が続くといいのですが、史上最…

人気の記事

  1. 株式取引やFX(為替証拠金取引)でも言えることだが、ビットコインもできるだけ有利に取引したいものだ。…
  2. 必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. あなたは、今のドル円レートを見て、このレートが「割安」なのか「割高」なのかわかりますか? もっ…
ページ上部へ戻る