【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/07/10】市場で噂になっている円キャリートレードとは?

こんばんは、最近は暑い日が続きますね。

暑い日は、涼しい屋内でパソコン一つでクールにトレードチャンスを待つのも良いと思います。3週間前から上昇が続いていますが、トレンドを味方につければ、もちろん下落でもはっきりと視界が見えるのではないでしょうか。最近は、円キャリトレードという昔の言葉が出てきて懐かしさを感じましたが、同時に強引な理由付けにも聞こえています。もともと、円キャリートレードとは、2006年頃から、相場が動かない時に流行した手法で金利差を活かして、スワップと差益を取っていく手法でした。しかし、現在の相場は変動率もしっかりあります。しかし、各国の金利は低水準なのでもらえるスワップは2006年と比べると実に3分の一以下です。この状況は円キャリートレードとは全く異なると言えるでしょう。会s恋投資家は、言葉に惑わされず、しっかりと分析できる力を養っていきましょう。

それでは、今週の豪ドル円分析です。

この相場の分岐点は86.56円と86.42円に位置しています。

価格がこれより下で推移すれば売り。上であれば買いの時代です。ボリンジャーバンド分析すると86円の中盤がターニングポイントになりそうです。

 

2017-07-10_20h53_53

GMMA分析では下落を示唆、一目均衡表では雲を抜けかかっていて下落注意になっています。個人的には、中長期で考えるならば82.30円を利食い目標として売っていくのがセオリーと思います。

2017-07-10_20h54_29

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. GDPからの為替レート適正基準値の計算方法

    今日は前回の記事の続きで、あなたが、今現在、その対象となる為替レートが割安か割高を判断したいときにど…
  2. 【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/03/06~】どこまで続く、アメリカフィーバー!株式が過去最高値を更新!?

    こんにちわ、先週は南の島バリ島でバカンスしてきました。 あなたが海外に旅行して感じた事、気づいた事…
  3. 【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/07/31】トランプ相場に異変?オバマケア否決で暗雲立ち込める。

    こんにちわ 先週は、北朝鮮のミサイルやIMFの要人発言で、上昇ムードが一転して下落して終える事にな…

人気の記事

  1. 株式取引やFX(為替証拠金取引)でも言えることだが、ビットコインもできるだけ有利に取引したいものだ。…
  2. 必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. あなたは、今のドル円レートを見て、このレートが「割安」なのか「割高」なのかわかりますか? もっ…
ページ上部へ戻る