今週のFXドル箱戦略(2017/02/06~)

こんにちわ、週末の東京は少し寒かったですね。2月は例年、雪が降るので寒い時期はもう少し続きそうです。

先週末は、以前勤めていた証券会社のお客さんの繋がりで、FXを始めて間もない中国の投資家さん(通訳付き)と話す機会がありました。向かった先は六本木ヒルズにあるホテル併設のカフェ。

60台の年配の方と通訳の方と3人でお茶を飲みながら小一時間ほど、投資について話しました。その方は、不動産関係の売買を手掛けていて日本にも良いリターンの投資が不動産以外に無いか、模索していました。

あなたは、不動産投資と聞くと、どんなものをイメージしますか?
私は、元手があり中期的な観点の投資家をイメージします。FXの短期はスキャルピング、デイトレード。中期的な観点はスイングトレードと分類する事が出来ます。今回で言えば、数日程度のトレンドを見る投資家の事をスイングトレーダーと呼びます。色々な話の中で、不動産で成功されている方なので、アドバイスや助言はおこがましいと考え、客観的な見方や分析について説明しました。それは、不動産投資の中期分析とFXの中期分析は異なる事。そして、FXは少ない資金で値幅があるので、数週間以上の分析よりも1週間の分析の方が資金効率が良い事を説明しました。

私の分析は週末に5分ほどチャートを見て、トレンド分析し月曜日に備えます。言い換えればたったの5分で翌週の戦略の軸が出来ているという事です。今後は週間戦略以外にも、細かいエントリーのコツ、90%以上の高確率で利食い出来る方法なども紹介したいと思います。

【今週のドル円戦略(2017/02/06~)】

今週のドル円相場は、中期的な目で見るよりも短期的な視点で細かい利食い意識しながら戦略を立てると上手く機能しそうだ。先週のアメリカ雇用統計の分岐点112.72円は重要な分水嶺!価格がこれよりも上で推移していれば押し目買い方針、逆であれば売り方針。

現在は、戻り売りが機能するだろう。エントリーの判断はテクニカルツール、ボリンジャーバンドのプラス2シグマで戻り売り。又は、15分足GMMAの中期に位置する112.63円で売るといいだろう。利食いは細かく20pipsは確実に抑えたい所。大きな軸で見ると週足GMMAの中期線に位置する112.60辺りをしっかり超えてくるまでは買いよりも売りであろう。状況を限定すると火曜日以降、日本時間の深夜に112.72円を超えているようであれば、短期で買い方針に転換したい所。

それでは今週もどうぞよろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/07/18】主要国が密約で円キャリー相場が復活?

    こんばんは、先週の相場は上昇傾向でしたね。 さて、マーケットでは、この3連休に面白い情報が駆け…
  2. 【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/04/17~】海外勢が日本売り?FXにおける日本売りとは?

    こんにちわ、週末は真夏日という事で皇居周辺や秋葉原にドライブに出かけました。暖かいと快適で過ごしやす…
  3. 【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/05/01~】テュッシュやバターが値上げ!それに備える方法とは?

    こんにちわ、5月が始まって電気やガスが最初に値上げして、その後はテュッシュやバターといった生活用品も…

人気の記事

  1. 株式取引やFX(為替証拠金取引)でも言えることだが、ビットコインもできるだけ有利に取引したいものだ。…
  2. 必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. あなたは、今のドル円レートを見て、このレートが「割安」なのか「割高」なのかわかりますか? もっ…
ページ上部へ戻る