【週間FX相場予想レポート】しばらくはレンジ相場が続く展開が見込まれる(2017/01/09~)

report-20170109

新年あけましておめでとうございます。

2017年になりましたね。

いかがお過ごしでしょうか?

今年はアメリカ大統領にトランプ氏が就任するなど年明けから相場が動くイベントが盛りだくさんですので、みなさん気を引き締めていきましょう。

2017年1月9-14日週の米ドル/円相場は、基本的に買。レンジ相場の後買トレンドに移行するかもしれません。

月足から順にチャートを分析し、最後にファンダメンタルズ面をみます。

月足チャートは買です。陽線が3つ連続して並ぶ「赤三兵」を形成しました。下落時に現れると、上昇トレンドへの転換を示します。上ヒゲがなく、上昇の勢いをそのまま保っていると考えられます。このまま行くとMACDも上昇転換し、長期の買トレンドを維持することになります。

【月足チャート・RSI・MACD】


週足チャートを見ると、6週連続陽線を描いた後、ここ4週はレンジ相場となっています。クリスマス休暇と年末年始を挟んでいるため、大きなトレンドとはあまり関係なくこのような動きになりました。RSIが節目の70%付近で停滞しており、一休みといった雰囲気です。レンジ相場はしばらく続くかもしれません。MACDは完全に買トレンドを示しています。

【週足チャート・RSI・MACD】

平均足も陽線のままです。もし陰線になっていたら、下落トレンドへの転換を示しているところです。これからの動きに注目したいところです。

【週足チャート(平均足)】


日足チャートを見ると、118円50銭前後で高値止まりしていることがわかります。昨年11月4日以来、約2ヶ月ぶりに20日移動平均線を下回ったのは先週木曜日ですが、翌金曜日にほぼ同じレベルまで戻しています。勢いよく平均線を抜けたわけではなく、すぐに戻しているので、下落トレンドへの転換とは考えられません。

MACDはプラス圏内でデッドクロスを描いており、矛盾しているため、方向感がでにくいことを示しています。または、長期的な上昇トレンドの中で一時的な下落トレンドを描いているといえます。

【日足チャート・RSI・MACD】


最後は1時間足です。黄色いトレンドラインを超えて、上昇トレンドを形成しています。年初来高値である118円60銭は意識されるでしょう。ここを超えると、上昇に弾みがつくかもしれません。

【1時間足チャート・RSI・MACD】

一目均衡表は雲の上。上昇トレンドを維持していることがわかります。

次はファンダメンタルズです。先週金曜日に米国雇用統計が発表されました。市場予想の17.5万人に対して、実際は15.6万人。予想を下回る結果になりました。通常だとドル売りになる流れですが、前月分が上方修正されたため、むしろ買を誘発することになりました。

ドル買を支えたのは、前月分の修正だけではなく、その背後に金利上昇期待があると考えられます。昨年12月のFOMC(連邦公開市場委員会)では市場の期待どおりに政策金利の上昇が発表されたほか、2017年中に3回程度の利上げがされることを示唆されました。為替相場には、金利の変動が非常に影響を与えます。今後も米国金利上昇に対する期待が、米ドル相場を支える強い理由になります。

1月20日付で大統領に就任するドナルド・トランプ氏の存在も、米ドルの上昇トレンドを形作る要因になると考えます。トランプノミクスといわれるほど、減税や財政出動などの経済政策に本腰を入れており、強い米国経済が強いドルを作りだすという期待があります。これに関して米国株式市場は連日最高値を記録しています。米国株が買われれば、実需としてのドル取引も増え、相場を支えることになります。

以下のとおり、トレードスタイル別に方針を提案します。

・長期(数ヶ月~数年)トレード
買トレンドは維持しています。買ポジションを作るならまだ遅くないでしょう。

・中短期(数日~数週間)、スイングトレード(数日~1週間程度)
方向感が出にくく、トレンドフォロー型の取引をしても身入りが少なくなりそうです。118円60銭あたりを超えてさらに上昇するようであれば、再び買トレンドとなる可能性があるので、その場合は積極的に買っていくとよいでしょう。

・デイトレード、スキャルピング(数分~数時間)
中期のトレンドが出ていない分、短期ではきれいなトレンドラインを描いていることが多く、トレードしやすいかもしれません。買と売の両方にチャンスがありますが、長期トレンドと同じ買トレンドのほうがよりリスクが少ないのでおすすめします。

ハワイアントレーダー

投稿者プロフィール

ハワイと日本に拠点を置く為替トレーダー。スキャルピングをメインとしたトレーディングテクニックには定評がある。わずか3年で300万円の資金を3億円まで増やすことに成功し、今では日本の投資レベルの発展に貢献しようとオンラインメディアを使って為替に関する最新情報を日々届けている。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. f-report-20170206

    今週のFXドル箱戦略(2017/02/06~)

    こんにちわ、週末の東京は少し寒かったですね。2月は例年、雪が降るので寒い時期はもう少し続きそうです。…
  2. 9318f7bc2b803d9ccee6152ed0262637_m

    【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/07/10】市場で噂になっている円キャリートレードとは?

    こんばんは、最近は暑い日が続きますね。 暑い日は、涼しい屋内でパソコン一つでクールにトレードチ…
  3. analytics-forex

    あっ!と驚くFXの相場分析の方法とは?

    こんばんは、Mr.Fです。 先日、あるニュース番組で、トランプ大統領が誕生してから「予想外の値…

人気の記事

  1. high-and-low
    株式取引やFX(為替証拠金取引)でも言えることだが、ビットコインもできるだけ有利に取引したいものだ。…
  2. margin-simulator
    必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. forex-rate1
    あなたは、今のドル円レートを見て、このレートが「割安」なのか「割高」なのかわかりますか? もっ…
ページ上部へ戻る