【週間FX相場予想レポート】米国の3月利上げはあるのか?(2017/02/27~)

report-20170227

2月27日-3月3日週米/ドル円相場はレンジ相場。中期的な下降トレンドへ転換の可能もあります。

テクニカル分析からファンダメンタルズ分析の後、戦略提案をお伝えします。

まずは月足から。赤三兵が出た後の中陰線で、MACDはもみ合い。2月は動きが少ない月でした。大陽線が続いていたので、上昇トレンドでの調整局面ととらえることができます。大きな買いも売りもしにくい状況です。

【月足チャート(ボリンジャーバンド3σ)・RSI・MACD】


上昇局面では、一目均衡表の雲が支えた形となりました。

【月足チャート(一目均衡表)】

週足は、下降しながらきれいな三角形を描いています。ちょうど20週平均線にさしかかり、どう動くのか注目されます。MACDが売りを示しているのが気になるところです。

【週足チャート(ボリンジャーバンド3σ)・RSI・MACD】


週足チャートもまた、一目均衡表の雲が支えています。前述の20週平均線と交わるっているところが、もうすぐレンジ相場が終わることを指しているのでしょうか。

【週足チャート(一目均衡表)】


さらに、ここで、フィボナッチ・リトリースメントを見ても、上昇局面から38.2%下げたところに来ており、節目であることがわかります。もしこのあたりをブレイクすることになれば、下降トレンドの維持を示唆します。

【週足チャート】

日足チャートを見ると、レンジ相場という印象です。ダブルトップを描いた後、そのブレイクポイントである112円台半ばから、ターゲットである111円台後半を行ったり来たりしています。MACDも弱含みながらもみ合っています。

【日足チャート・RSI・MACD】


先ほどのフィボナッチと、さらにトレンドラインを引きました。ピンクの破線は、下の111円51銭がサポートライン、上の115円57銭がレジスタンスラインです。この2つの線に挟まれたボックス相場となっています。下方にブレイクすれば、次のターゲットは107円50銭あたりとなります。中長期で買い持ちしている人は、ストップロスの置き場に注意してください。

黄色い斜めの線は、トレンドラインです。下は、先週ブレイクしたと思われましたが、上昇を維持することなく、上の線のように修正されました。115円台半ばのレジスタンスラインが強力に効いているようです。115円台半ばを超えれば、年初来高値の119円も視野に入ります。

【日足チャート】


最後は4時間足チャートです。先ほど引いたラインは残しておきました。先週は新旧2本のトレンドラインの間を行き来していましたが、サポートラインにぶつかるのも時間の問題です。下方にブレイクすれば、先ほどのとおり次の節目は107円台と、大幅な下落もありえます。

【4時間足チャート(ボリンジャーバンド3σ)・RSI・MACD】

チャートの分析は以上です。

ファンダメンタルズは、引き続きトランプ政権の政策、人事、発言、および金利の動向が注目されます。金利は早期の利上げが期待される発言もありましたが、先週のFOMCで否定されており、大きく上昇する要因がひとつ潰れました。

先週には米財務長官のムニューチン氏が「長期的なドル高は米国のためになる」趣旨の発言をしましたが、以前にも似たような趣旨の発言をしていたせいか、相場への大きな影響はありませんでした。

以上のことから、レンジ相場は終盤が近づいていると考えます。上方にブレイクしたといえるようになるには時には、115円60銭あたりのレジスタンスラインがあるため、116円台を超える必要がありますが、下方の場合は111円あたりとなっています。先週末終値は112円6銭。買で入るには勇気がいります。

トレードスタイル別戦略は次のとおりです。

・長期(数ヶ月~数年)トレード
非常に取引しづらいと思います。下方にブレイクすれば底はまだしばらく先、といってもすぐに上昇方向にブレイクするのも難しいでしょう。様子見が賢明です。

・中短期(数日~数週間)、スイングトレード(数日~1週間程度)
下方ブレイクに備えて、売りのタイミングを待ちます。買いで入る場合は、トレンドラインのブレイクを待ちますが、その場合ターゲットはレジスタンスラインの115円あたりなので、利幅は少ないかもしれません。

・デイトレード、スキャルピング(数分~数時間)
中期トレンドをよく見極めながら、急な下落についていきます。売り買いどちらも、ストップロスはしっかり置きましょう。

ハワイアントレーダー

投稿者プロフィール

ハワイと日本に拠点を置く為替トレーダー。スキャルピングをメインとしたトレーディングテクニックには定評がある。わずか3年で300万円の資金を3億円まで増やすことに成功し、今では日本の投資レベルの発展に貢献しようとオンラインメディアを使って為替に関する最新情報を日々届けている。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. f-report-20170123

    【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/03/06~】どこまで続く、アメリカフィーバー!株式が過去最高値を更新!?

    こんにちわ、先週は南の島バリ島でバカンスしてきました。 あなたが海外に旅行して感じた事、気づいた事…
  2. start-bitcoin-2017

    2017年はビットコイン元年、そしていよいよビットコインの自動売買取引も本格化する。

    2017年になり、いよいよ日本にも本格的にビットコインがあらゆる分野に溶け込んできました。 特…
  3. report-20170130

    【週間FX相場予想レポート】トランプ政権に振り回される期間が続く相場展開(2017/01/30~)

    1月30日~2月3日週のドル/円相場は、レンジ相場からの買。112円―118円の間で推移するでしょう…

人気の記事

  1. high-and-low
    株式取引やFX(為替証拠金取引)でも言えることだが、ビットコインもできるだけ有利に取引したいものだ。…
  2. margin-simulator
    必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. forex-rate1
    あなたは、今のドル円レートを見て、このレートが「割安」なのか「割高」なのかわかりますか? もっ…
ページ上部へ戻る