【週間FX相場予想レポート】今週はイベント満載!FOMC通過後はどう動く?(2017/03/13~)

米ドル/円3月13日-17日週の相場は買い。1月依頼高値の115円61銭を超えられるかどうかが焦点となります。

月足から順にチャートを分析、ファンダメンタルズにも言及し、最後にトレードスタイル別戦略提案をします。

月足チャートは買い。一目均衡表、MACD、ローソク足、平均足、いずれも上昇トレンドを示しています。

【月足チャート(ボリンジャーバンド3σ・一目均衡表)・RSI・MACD】

【月足チャート(平均足・25ヶ月平均線】

週足チャートも上昇トレンドを示唆している点が多くなっています。月足と同様の各種指標に加え、25ヶ月平均線の角度を見ても上昇の勢いが感じられます。

【週足チャート(ボリンジャーバンド3σ・一目均衡表)・RSI・MACD】

平均足を見ると、上昇トレンドの真っ只中という雰囲気です。

【週足チャート(平均足・25ヶ月平均線】

フィボナッチリトリースメントを描きました。押し目買いのポイントである38.2%(黄色いラインの上から3本目)が下値を支えているのがよくわかります。ピンクの破線はレジスタンスラインです。ここを超えれば上昇の勢いが増すでしょう。

次は日足です。一目均衡表の雲の中に上手く収まっています。短中期ではまだレンジ相場が続いているといえます。

【日足チャート(ボリンジャーバンド3σ・一目均衡表)・RSI・MACD】


週足にも描いたのと同じフィボナッチとレジスタンスラインです。先週10日にあとレジスタンスラインに到達しそうでしたが、あと少しのところで届かず。1月高値115円61銭に対して115円50銭まで上昇しました。上ヒゲが長いので、これからの下降を示唆する可能性は充分にあります。

黄色い線はサポートラインです。ここを割ることがあれば、短期の下降トレンドとなり、中期ではレンジ相場の再開となるでしょう。

最後は4時間足です。上昇トレンドを描いているように見えます。

【4時間足チャート(ボリンジャーバンド3σ・一目均衡表)・RSI・MACD】

先ほど日足に描いたのと同じサポートラインです。ここで反発すれば押し目買いのチャンスです。


平均足は下降トレンドを示す陰線です。このまま行けばサポートラインを割り込むことも考えられます。

ファンダメンタルズ面では、先週の注目は10日の全米雇用統計でした。予想よりも雇用者数は増えており、まだドル買いの優勢を支えるでしょう。

今週14日にはFOMC(アメリカ連邦公開市場委員会)を控えています。金利上昇の決定が見込まれており、今までの相場でも期待感によるドルの下値支えがありました。予想通り金利上昇が決まればこのまま買トレンドを維持しますが、もし今回は据え置きということになれば、失望感による売りが発生するかもしれません。

以上のことから、短中期では依然レンジ相場にあるものの、いつ上昇トレンドに入ってもおかしくない状態です。雇用統計の結果が良好だったことの力も借りて、先週高値の115円50銭を試していく展開になるでしょう。ただし、日足や4時間足のサポートレインである114円後半を割り込むようだと、短期ではいったん下落となり、中期のレンジ相場が続くことになります。

・長期(数ヶ月~数年)トレード
買い。ドルコスト平均法のように少しずつ時期を分けて取引してもいいですし、115円60銭を超えるのを待つのもいいです。

・中短期(数日~数週間)、スイングトレード(数日~1週間程度)
ちょうどトレンドラインとサポートラインに挟まれているので、まずは様子見です。115円61銭を超えれば買い、114円60~80銭あたりを下回ってレジスタンスラインを割れば売りです。

・デイトレード、スキャルピング(数分~数時間)
超短期のトレンドは出やすく、トレードしやすいのではないでしょうか。パターンを見極めつつ、上記のような節目の価格に注意して、急激な変動に備えましょう。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. aud-report20170731

    【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/07/31】トランプ相場に異変?オバマケア否決で暗雲立ち込める。

    こんにちわ 先週は、北朝鮮のミサイルやIMFの要人発言で、上昇ムードが一転して下落して終える事にな…
  2. report-20170227

    【週間FX相場予想レポート】米国の3月利上げはあるのか?(2017/02/27~)

    2月27日-3月3日週米/ドル円相場はレンジ相場。中期的な下降トレンドへ転換の可能もあります。 …
  3. aud-report-20170327

    【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/03/27~】トランプ大統領の第一の矢とは?

    こんにちわ! 本日、月曜日の東京都内は雨ですね。低気圧と高気圧は交互に来ます。FX市場にも同じこと…

人気の記事

  1. high-and-low
    株式取引やFX(為替証拠金取引)でも言えることだが、ビットコインもできるだけ有利に取引したいものだ。…
  2. margin-simulator
    必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. forex-rate1
    あなたは、今のドル円レートを見て、このレートが「割安」なのか「割高」なのかわかりますか? もっ…
ページ上部へ戻る