FX投資で勝つ人と負ける人の違いとは?

winner-and-loser

こんにちは、覆面トレーダーMr.Fです。

ちょっと今日は私の自己紹介も兼ねて、私の思う「投資で勝つ人と負ける人の違い」を説明したいと思います。

私は20代前半の時、国内の証券会社でFX事業の起ち上げに携わっていました。
その後、2016年までドイツ証券のファンド部門にて外国為替のトレーディング業務をしておりました。

ファンド業界についてどこまであなたがご存じかわかりませんが、常に結果が優先され、期限も決められている厳しい業界です。いついつ何時までに、保有している銘柄を処分するというルールだったり、銘柄を保持した理由なども細かく報告書を作成しなければいけないのです。当然結果の出ないトレーダーはクビです。いつクビになるかの不安やノルマの厳しさと引き換えに、実力主義な面もあります。

自分は、負けず嫌いの性格だったので、トレーディングの時は平均睡眠時間3時間ほどで挑んでいました。ファンドのトレーディング業務や個人でトレードしていた期間を合わせると投資歴は10年ほどになります。皆さんも耳にした事はあると思いますが、2007年のサブプライムショックやリーマンショック、大口プレイヤーのドバイの政府系ファンドが財政難に陥った、ドバイショックなどもありました。おおよそ10年間の投資歴で大きな相場を経験したのですが、周りを見渡しても生き残っている同僚は一握り、本当にごくわずかです。

その中で、勝つ人と、負ける人の違いは何か。知りたいと思いませんか?!
一見ごく普通の事ですが、この違いを、お金の増やし方という「理論」として確立出来れば、安定した収入が得られるようになります。
しかし、一つだけ忠告させてください。楽して儲ける事は出来ません。
覚悟と忍耐力が必要です。
お金を人よりも儲けたいという強い覚悟、負けない!という忍耐力が・・・

続けます。

投資でお金儲けをしている人は、決まって幾つかの習慣があります。
今回は、その中の一つを紹介します。

まず共通して言えるのが、「ツールを使って相場の分析している」ということ。(ツールとは道具の意味です。)
外国為替や株式、債券、などには、上昇か下降を見抜くToolが用意されています。この情報を知っているか否か、が最初の分かれ目になります。
勝つ人は、皆、何かしらツールを上手く使っています。

ただ注意点があります・・・

Toolの使い方にも様々な組み合わせや、考え方があるのです。今の時代は、色々なToolが溢れていますが、本当に使えるToolやその活かし方を知っているのは、本当にごくわずかです。言い換えれば勝ちパターンがあるのです。投資の勝ちパターンを知る事が出来れば、この仕事は、定年もなく、安定した収入、自由な時間を持つ事が出来ます。

FXを征する者は、すべてを征すると言われています。その大きな理由は、FXが金融の集大成なんです。FXとは外国為替の略称です、簡単に言うと通貨。国に投資しているのです。

国には、色々な資源や、金、原油などもありますよね。FXの勝ちパターンを知っているだけで、他の金融ジャンルにも同じ事を適用する事が出来ます。

例えば、国の債権、国債です。もちろん、株式や不動産も、同じTool同じ勝ちパターンがあてはまります。投資ではFXを極めれば、すべて極めたも同然なんです。後は、それらをどうやって習得して、磨いていくか・・・

私の考え方を先に申し上げますと・・・勝っている身近な投資家に直接聞きに行く、です。

自分の場合は、投資の最前線にいたので、スキルを磨く事に、苦労はしなかったですが、一般の投資家は難しいと思われます。ここが分岐点になると思います。有名なセンセイと呼ばれる講演に出向いたり、書店で色々なFXのサンコウショと呼ばれるものを読み漁りましたが、実際の現場では、きっと何一つ役に立つ物はないでしょう。自分はそうでした。もしポジティブに考えるならば、いい経験に、比較対象になったという前向きな気持ちです。

話をToolに戻しまして、私がファンドで伝授してもらったツールがあります。これは、ヘッジファンドや大手銀行なら誰しもが使っているモノです。
それはボリンジャーバンドです。このToolの使い方、表示方法は、とても親切にできていて、2クリックもすれば画面上に表示する事が可能です。

このToolの醍醐味は、確率論が基本となっています。ボリンジャーバンドは3本の線から形成されていて、上下のバンド部分をシグマと呼びます。このシグマに接すると、ある確率でリバウンドするように出来ています。

簡単ですよね。

ただし・・・

ここからさらに進化させるのには、いくつかの乗り越えなければいけないポイントがあります。

その話は、また次回にでも機会を改めて、紹介していきたいと思います。

謎の覆面FXトレーダー

投稿者プロフィール

FXを始めた当初はスワップ金利を狙った取引を行い、運よく利益をどんどん増やしていったが、あまりに簡単に勝つ結果を見て調子に乗ってしまい、次第に取引金額を大きくしていった結果、取り返しの付かないほど大きな損失を抱えることに。

それからは、損失を取り戻そうと365日パソコンの前に10時間座って死に物狂いでFXを勉強し、今では投資系の番組で、今後のFX投資における戦略や市場の動向などについて取材を受けるほどFXを知り尽くし、FXのプロトレーダーとして各方面で活躍中。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. bitcolin-digitalmoney

    ビットコインと電子マネーの違いを比較してみた

    近年知名度が上がりつつあるビットコイン。しかし、電子マネーとは性質が違うということをあなたはご存知だ…
  2. report-20161212

    【週間FX相場予想レポート】ついに1ドル=116円突破!年内最後の大イベントFOMCにも注目!(2016/12/12~)

    12月12-17日週の米ドル/円は、買トレンドを維持するでしょう。 月足から順を追って相場を振…
  3. aud-report-20170320

    【ドル箱戦略レポート(豪ドル円)/2017/03/20~】FXで流れを決定的に決める指標とは?

    こんにちわ!週末は暖かったですね。 スターバックスやマクドナルドではさくらの商品も販売していま…

人気の記事

  1. high-and-low
    株式取引やFX(為替証拠金取引)でも言えることだが、ビットコインもできるだけ有利に取引したいものだ。…
  2. margin-simulator
    必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。FX取引…
  3. forex-rate1
    あなたは、今のドル円レートを見て、このレートが「割安」なのか「割高」なのかわかりますか? もっ…
ページ上部へ戻る